サービス

クリンクラウドはお客様を第一に考えたソリューション、サービスを提供します

  • 臨床試験
  • 製造販売後調査
  • 自己報告データ収集

製造販売後調査

医薬品について日本国内では、臨床試験フェーズでは確認しきれない安全性や有効性を確認するため、 「医療用医薬品の製造販売後調査等の実施方法に関するガイドライン」により上市後調査を実施することが義務付けられています。 しかしながら調査目的が明確でなかったり、RMP(Risk Management Plan)として重要なリサーチ項目に基づいていなかったりするケースもあり、多大なるコストと期間をかけたにもかかわらず、製薬企業側としては薬の安全性や有効性のための分析に有効なデータが集まらないこともあります。 EDCベンダである私たちにできることは、調査目的に即したデータ収集の仕組みを容易に構築でき、かつドクターによる入力負荷を軽減することにより、まずはドクターと製薬企業側のコミュニケーションパスを太くすることと考えました。 そしてドクターの十分な協力を得られる、RMPをベースとした市販後調査を安価に短期間で構築/運用を行い、より透明性の高い医薬品の環境構築のお手伝いをしたいという観点からJPMS(Japan Post Marketing Severance)を開発・リリースいたしました。 JPMSは①EDCモジュール②Codingモジュール③Site Managementモジュール(②③は開発中)の3つのモジュールで構成されており、それぞれの特徴は以下のとおりです。 革新的なPMSシステムの導入により、ドクターや患者さんの信頼を勝ち取り、企業価値を高めてください。

JPMS Coding

メディカルコーディングのモジュールです。現在構築中です。

JPMS Site Management

施設管理のモジュールです。現在構築中です。

JPMS EDCモジュールの特徴

コンパクトで見やすいホーム画面

  • 担当患者様の一覧情報
  • 調査の進捗状況
  • 企業側からのお知らせ
  • アドホックレポート出力機能
  • トレーニング情報

多彩な入力サポート機能


  • Web画面上でのアラート(ハードストップ/ソフトストップ)
  • ヒントや入力をポップアップで表示

ダイナミックナビゲーション機能

  • 入力したい項目まで画面をスキップ
  • 完了/未完了項目を色表示

多種のレポート出力機能

  • ログイン履歴
  • 有害事象レポートなど

その他


  • 使い易いクエリ(再問合わせ)発行・管理機能
  • メールアラート
  • データ一時保存機能
  • データ(SAS)がオンデマンドで抽出可能